ヘール・ボップ彗星などについて勉強してた

惑星などについて演習しました。小惑星は昨今10万個以上の軌道がわかってあり、その大部分は火星と木星の間にあります。しかし、地球軌道よりインナーまで入ってきて地球に接近する物体もあります。小惑星の直径は、最も大きいセレスでも1000km程度で、大半は100km後半だ。彗星は、日光に近づくとそのそのものです核の周囲にコマとよばれる気体やごみをともない、陽光や日光から流れ出す電荷を有する粒子の結果、気体やごみが日光と敵対の路線にのびた尾が発達します。彗星の幕開けは明らかではありませんが、太陽系の周縁部から湾曲や楕円の軌道を描いて日光に近づいてくると考えられています。1997時期に地球に接近したときのヘール・ボップ彗星の軌道は、長半径186天文単位、頻度2540時期という物体でした。ヘール・ボップ彗星は、1997時期4月には−1等々星まで明るくなり肉眼でも見えました。青色が気体で、黄色っぽいのがごみだ。ずいぶん勉強になりました。http://www.roswellvroom.com/musee/musse-100.html